Japan Port Consultants

CSR方針

JPCが本業としている港湾コンサルタント事業そのものが公共性・社会性の高い活動であるとの自覚を持ち、事業展開を通じて広く社会全般に貢献することをCSR方針としています。
そのためまず「経営理念」において港湾を中心とする海洋分野で社会に向かって常に新しい価値を創出し続けることを掲げ、「品質方針」では顧客(社会)への高品質なコンサルティング成果の提供を目標とし、更に「事業継続(BCP)方針」によって被災時および中長期の事業継続を計り、また、「コンプライアンス方針」に基づき事業活動における法令等遵守と社会規範の尊重を徹底することとしています。
JPCはこれらの理念・方針を事業活動に具現化して行きます。
経営理念とこれを支える三つの基本方針