メインメニュー

業務実績パンフレット

写真またはタイトルをクリックすると閲覧、ダウンロードが可能です。(ファイル形式:PDF)
基盤整備
当社では50年にわたり、臨海域の経済活動を支えるインフラである防波堤、護岸、航路、浮標等の数多くの施設を計画・設計してきました。
ここでは、港湾全体の運営に際して基盤となる代表的な施設や計画を紹介します。
物流
新興国の経済発展や経済活動のグローバル化により、我が国の貿易量が益々増大することが予想されます。
こうした状況の一方で、日本の貿易量は、重量ベースで99.7%が海上輸送に依存しています。我が国の経済活動を支え、豊かな社会を創出するために、物流の拠点となる施設の計画・設計等に取り組んでいます。
エネルギー
現代社会の基盤となるエネルギー。LNG・石炭等の火力発電所、原子力発電所、石油備蓄基地、LNG受け入れ基地等において、当社はこれまで様々な施設の設計を行ってきました。
紹介した施設以外にも、様々なエネルギー施設に携わっています。
交通
当社では、港と背後地を結ぶ橋梁やトンネル等の構造物を含む臨港道路に関しても、これまで数多くの実績を残してきました。
また、騒音問題や安全性の観点から、沖合に人工島を造成して建設される海上空港の整備事業においても、海に関わる総合コンサルタントとしての経験を活かし、計画・調査・設計・施工監理等あらゆるフェーズにおいて参画しています。
レジャー施設・景観設計等
当社では、これまで、時代の要請に沿った臨海域におけるレジャー施設や景観設計へ取り組んできました。
そして、地域づくりや景観づくりを行うにあたり、これまで培ってきた豊富な経験を活かしながら、常に新しい技術に取り組み、時代に先駆けて地域社会の発展に寄与してきました。
漁港
わが国は、地震が多く、地理的・地形的・気象的諸条件から、台風、豪雨などの自然災害が頻繁に発生します。この対策として、臨港地域の防災対策に数多く参画しています。
また、阪神淡路大震災の経験から、船舶による支援物資の運搬が見直されてきており、これに対応する広域防災基地や耐震強化岸壁の整備も行っています。
防災
わが国は、地震が多く、地理的・地形的・気象的諸条件から、台風、豪雨などの自然災害が頻繁に発生します。この対策として、臨港地域の防災対策に数多く参画しています。
また、阪神淡路大震災の経験から、船舶による支援物資の運搬が見直されてきており、これに対応する広域防災基地や耐震強化岸壁の整備も行っています。
災害復旧
我が国では、台風、地震、津波等の自然災害が頻発します。
当社では、災害発生時には現地調査を行い、被害状況の把握、災害復旧計画の策定等を行ってきました。
こうした豊富な経験を活かし、東日本大震災の復興にも全社をあげて取り組んでいます。
水理実験・数値シミュレーション
波浪・海浜変形、津波シミュレーション、FEMによる構造解析、地震振動解析(FLIP)等について、高速なコンピュータを使った大規模で複雑な数値シミュレーションを実施しています。
また、数値シミュレーションの適用が難しい事象においては、模型を用いた実験等が大きな役割を果たします。当社では水理模型実験業務等についても豊富な経験とノウハウを有しています。
海外業務
当社は創立当初より、世界各国で港湾開発プロジェクトのコンサルティングを行ってきました。
港湾開発計画調査から、港湾施設の設計、現場の施工管理業務まで、一連のサイクル全体を担っています。
Copyright © JAPAN PORT CONSULTANTS. LTD. all right reserved.