Japan Port Consultants

経営理念

港湾を中心に卓越した総合技術力を発揮し社会に向かって常に『新しい価値』を創出し続ける真のプロフェッショナル集団を目指す。
基本方針
品質方針

各種サービスの提供を通じて、品質はもとよりコスト・納期その他さまざまな顧客要求事項に誠実に応えるとともに、常に幅広い知識の吸収と技術の向上に努めることにより顧客満足度の向上を目指す。

コンプライアンス方針

総ての法令等を遵守し社会規範を尊重するとともに、当社に対する社会的信頼の一層の向上を図る。

事業継続方針

被災時及び中長期の事業維持体制を確立し、事業の永続的発展を図る。

基本施策
品質管理
5つの柱

    1. 顧客満足度の向上
    2. 品質目標の設定
    3. 経営基盤の強化
    4. 全員参加
    5. 法令遵守

2つの施策

    1. ISO9001品質基準の遵守による品質の確保
    2. プロジェクト管理システムによるQCD管理(「業務実施計画書」の活用)

コンプライアンス
コンプライアンス基本規則による社員責務の徹底

    <コンプライアンス基本規則>
    1. 企業倫理指針
    2. 情報セキュリティ指針
    3. 個人情報保護指針
    4. ハラスメント防止規程

事業継続
JPC-BCP計画に基づく被災時事業維持体制の構築
中期経営計画における技術者育成施策の推進

    1. 継続採用計画の策定
    2. 研修業務目標の設定